“新興国におけるまだら模様の経済” | ビジョン、デザイン、戦略、未来、中期経営計画、グローバル経営

(株)日仏経済戦略研究所

03-5219-1466 受付時間 9:00〜18:00(平日)

戦略の視点

2020.07.18 マーケットと顧客

“新興国におけるまだら模様の経済”

今月から、日本CFO協会発行のCFO Forumへの連載が始まりました。ビジネスパートナーである仏シンクタンクTAC Economicsのマクロ経済分析記事を私が解説するものです。今月のテーマは、"新興国におけるまだら模様の経済"です。専門的な内容を噛み砕いて説明することにより、マクロの動きに興味を持っていただくことを狙いとしています。会社設立7年目にして、社名の一部、"経済"の領域でも新しい動きを起こしました。
http://forum.cfo.jp/cfoforum/?p=15950/

仏シンクタンクTAC Economics
長年、通貨、原油価格、カントリーリスクなどマクロ・国際経済を調査・分析しているThierry Apotekerが1990年にフランスで設立したシンクタンク。政府、欧州委員会、UNCTAD、ADB等の国際機関、中央銀行、投資銀行、一般企業、研究機関向けに調査、コンサルティング、アドバイザリーサービスを行っており、数理解析モデルを駆使したファクトベースの分析に定評がある。
本分析レポートの英語全文は日仏経済戦略研究所ホームページよりダウンロード可能:https://www.i-es-fj.com/未分類/2020/433.html

<<TAC Economics MacroFinance Research – July 2020 英文記事全文
一覧ページへ戻る
早稲田大学 "人材育成学"で講義しました>>
PAGETOP
▲ PAGETOP