人財 | 戦略策定・戦略執行・海外経営 | 日仏経済戦略研究所

(株)日仏経済戦略研究所

03-5219-1466 受付時間 9:00〜18:00(平日)

人財

当社の人財開発は、コンピテンシー評価、サクセッション プランニング、マネジメント研修、エグゼクティブコーチングをコアにしています。
当社が独自に開発した4Vモデルを使ったコンピテンシー評価はサクセッション プランニング、昇進判断、育成等を目的として活用していただいております。代表の泉本は、ハイドリック&ストラグル時代、外資系企業の日本法人社長レベル候補数百人の方々をインタビューさせていただきましたが、ボードメンバーの評価にも関与していました。その経験を生かしてコンピテンシー評価体系である4Vモデルを作り上げました。4Vモデルとは、経営トップのマネジメントルーチンをベースとして、事業環境の把握(View)、自社の方向付け(Visualise)、実行と組織活性化(Vitalise)、実行の検証(Validate)という4つの領域に跨って16の能力項目、64のサブ能力項目を定義し、インタビューによる質問を設定したコンピテンシー評価体系です。
マネジメント教育・研修は、管理職直前、中間管理職、部長級、幹部候補、役員の方々を対象に(日本人のみ、外国人のみ、日本人外国人ミックスのケースがあります)、下図が示す通り、日本語と英語で戦略策定から戦略執行まで、論理構築から創造性発揮まで幅広い領域の教育プログラムやワークショップの実施をしております。個別にコンタクトいただきましたら主要研修実績一覧をお送りいたします。
エグゼクティブコーチングは、基本的には対面で実施しますが、海外等リモートの場合はビデオ会議形式で行う場合もあります。日本人の管理職や役員、海外法人社長の目標設定や問題発見・解決等を支援したり、海外法人現地人社長の場合は、それらに加え、日本の親会社や株主との円滑な関係構築に関しても幅広い可能性に気づいていただくよう働きかけています。
日本語でも英語でも実施しております。コンピテンシー評価やマネジメント研修と組み合わせる場合もございます。

プロジェクト事例

  • 1. 管理職の昇進評価(欧州系製薬メーカー、日本、日本語)

    欧州系製薬メーカーの日本人管理職を対象とした研修後、昇進決定を支援するためのコンピテンシー評価を行いました。
  • 2. 海外法人幹部候補のコンピテンシー評価(日系自動車メーカー、タイ、英語)

    自動車メーカー海外法人の将来の現地人幹部候補を対象とした研修後、育成目的でコンピテンシー評価を実施しました。
  • 3. 現地人副社長のエグゼキュティブ コーチング(日系電機メーカー、フランス、英語)

    買収により、買収元から新しく赴任した日本人社長とのコミュニケーションを円滑にするため、日本人社長から依頼を受けてフランス人副社長に対するコーチングを実施しました。
PAGETOP
▲ PAGETOP